/

この記事は会員限定です

税務署からの「お尋ね」 早めに対応、加算税避ける

[有料会員限定]
ある日、税務署から連絡があり、税金に関連する質問を受けたり書類の提出を求められたりすることがあります。「お尋ね」などと呼ばれ、例年、7月ごろから増えるとされています。どのように対応すればよいのでしょう。

Q 税務署からはどんな手段で連絡があるのですか。

A 通常は電話か手紙が来ます。問い合わせの内容は様々です。相続税などの申告で、漏れていた書類の提出を求めるものから、所得税の申告漏れの疑いを指摘する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り823文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン