/

この記事は会員限定です

DNA鑑定は「実子でない」 法的な親子関係の扱い

[有料会員限定]
Case122: 結婚して妻との間に子がいます。この子が私にまったく似ておらず、学校に上がる頃になりDNA鑑定を受けました。すると、かなりの高確率で自分が父親でないことが明らかとなりました。妻とは離婚を考えていますが、親子関係も否定できるのでしょうか。

DNA鑑定の結果、子どもが自分の血を引いていなかったということは妻が婚姻期間中に不貞行為をしたものと考えられ、これ自体は離婚原因(民法770条1項...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2694文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

「賃貸物件の仲介手数料は何か月分?」「子供が自転車事故の加害者になったら親の責任は?」。家計と無関係ではない身近な法律問題を取り上げ、判例などを基に弁護士の志賀剛一氏が解説します。隔週木曜日に掲載します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン