/

この記事は会員限定です

配偶者居住権、妻に安心 相続後の住居・生活費を確保

[有料会員限定]

2020年4月に創設された「配偶者居住権」の利用者が増えている。亡くなった人(被相続人)の配偶者が自宅に無償で住み続けられる権利で、主に夫を亡くした妻が住まいに加えて生活資金を確保しやすくするのが目的だ。実際の使われ方をもとにメリットや注意点をまとめた。

「慣れ親しんだ家に住み続けられ、生活資金も十分確保できてホッとしている」。埼玉県内に住む女性(72)は話す。今年初めに夫を亡くし、もう1人の相...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2463文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません