/

この記事は会員限定です

金融機関、認知症対応へ新資格 顧客高齢化で

[有料会員限定]

金融機関が高齢者の認知症に対応するための新たな資格を導入する。判断力が衰えた高齢者が金融取引でトラブルに巻き込まれるのを未然に防ぐのが狙い。窓口業務などにあたる職員に、認知機能の衰えについて知識をつけてもらい、必要に応じて家族や福祉機関と連携して対応できるようにする。

医学や法律など認知症の専門家らでつくる日本意思決定支援推進機構と金融財政事情研究会は2021年1月、新たな資格である「銀行ジェロン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1240文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン