/

この記事は会員限定です

大学の費用に「傾向と対策」 貯蓄250万円が目標

[有料会員限定]

いよいよ受験シーズン。子どもが試験に向けて勉強する間に、親はお金の準備をしておきたい。大学に進学すると100万円単位のお金がかかる。受験期に入る前に十分な蓄えを持つのが理想だが、急な収入減や予想外の出費に見舞われることもある。お金に余裕がなくなる事態にも対応できるよう次善策も考えておきたい。

「想定以上の反響だった」。子どもの学習支援などに取り組むNPO法人キッズドア(東京・中央)は2020年12...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1583文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン