/

この記事は会員限定です

他人の定期券利用 ペナルティー「100倍超」も

[有料会員限定]
Case114: 配偶者がテレワークで仕事をしている日に、通勤定期券を借りて近くのターミナル駅で買い物などをしていました。ところがある日、自動改札のトラブルで有人の改札を通ろうとしたときに他人名義であることを指摘されてしまいました。定期券は回収され、私が実際に利用した区間の運賃の100倍を超える割増運賃を請求されました。そんなルールはまったく知らず、納得できません。

鉄道の利用は利用者が鉄道会社との...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2409文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

「賃貸物件の仲介手数料は何か月分?」「子供が自転車事故の加害者になったら親の責任は?」。家計と無関係ではない身近な法律問題を取り上げ、判例などを基に弁護士の志賀剛一氏が解説します。隔週木曜日に掲載します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン