/

この記事は会員限定です

運用資産、高齢期に見直す 株比率は徐々に引き下げ

[有料会員限定]

「老後に向けて自分の資産をどう整理すればいいのだろうか」。50代後半の男性会社員Aさんはこんな悩みを抱える。Aさんは海外駐在を経験したこともあって、国内の投資信託のほか外国株式や外貨預金などを保有する。株式など価格変動のあるリスク性資産は資産全体の3分の2ほど。市場動向次第では損失が出かねないため、運用資産を減らすべきか迷っているという。

金融資産を棚卸し

60歳が近づいてくると老後のマネープラ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1611文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン