/

この記事は会員限定です

相続税、自宅土地の評価が左右 形状や立地で減額も

[有料会員限定]

神奈川県に住む60代の男性Aさんは2021年、自宅の相続で相続税を納めすぎていたことが分かり、30万円を還付してもらった。自宅が道路から約4メートルの高さに立地し、階段で出入りするという不便な点があることを考慮したところ、課税上の見積額である相続税評価額を2000万円から1800万円に引き下げることができたからだ。

年400億円前後が還付

Aさんのように相続税の申告・納付後に申告内容を見直し、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1617文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン