/

この記事は会員限定です

ファンドラップ、費用に注意 運用成績の比較難しく

[有料会員限定]

まとまった資金を金融機関が顧客に代わって運用する、ファンドラップの残高が増えている。リタイアした人が退職金を運用する需要などを捉えているようだ。対面で相談でき、運用をプロに任せられることに魅力を感じる人は多いだろう。ただ、運用中のコスト構造など、投資初心者には分かりづらい点もあるので気を付けたい。

ファンドラップは多くの証券会社や銀行が手掛ける。主要顧客は60~80代で、退職金や老後資金の運用に使...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1560文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン