/

この記事は会員限定です

税金は来年どう変わる 優遇延長の一方で節税封じも

[有料会員限定]

与党は2021年度税制改正大綱をまとめた。教育資金や結婚・子育て資金を一括して非課税で贈与できる期間を2年間延長する。住宅需要喚起のため、住宅ローン控除や、住宅取得資金の贈与の非課税制度を拡充する。一方で富裕層の節税や制度の趣旨にそぐわない利用を封じる対策を導入する。新型コロナウイルスの感染拡大による生活への打撃を緩和するため、固定資産税の据え置きなどの措置も講じる。

「非課税贈与の期限は延びたが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4899文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン