/

この記事は会員限定です

投資信託の資金流入ランキング、10年前とは様変わり

投信調査隊

[有料会員限定]

2022年1~6月の投資信託の資金流入額を調べたところ、ランキング上位にはインデックス型の商品が目立った。毎月分配型ばかりだった10年前のランキングとは様変わりした。この間にあった投信市場の大きな変化を反映している。

22年1~6月に資金流入が最も多かった投信は「アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Dコース毎月決算型」だった。予想分配金提示型と呼ばれるタイプで、基準価格の水準に応じて分配...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1480文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。「日経ヴェリタスビューアー」ならPC・スマホ・タブレットで読めます。公開から30日以内の紙面イメージを閲覧でき、テキスト表示に切り替えて読むこともできます。初めての方は、まずは1カ月無料体験!

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。「日経ヴェリタスビューアー」ならPC・スマホ・タブレットで読めます。公開から30日以内の紙面イメージを閲覧でき、テキスト表示に切り替えて読むこともできます。初めての方は、まずは1カ月無料体験!

投信調査隊では投資信託による資産運用に欠かせない情報やトレンドをQUICK資産運用研究所のプロが解説します。 投信の失敗しない選び方からリスクを分散する方法、つみたてNISAの使い方など投信を使った長期投資に役立つヒントが満載です。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン