/

この記事は会員限定です

高額化する不妊治療 サポート最新事情

[有料会員限定]

日本産科婦人科学会の調査によると、体外受精の治療は年間約45万件。2018年に体外受精で生まれた子どもは約5万7000人と、10年で2倍以上に増加。新生児の約16人に1人の割合に増えている。高度な治療が保険適用外で、患者の経済的負担が重いことが長年の課題だったが、昨秋に菅義偉首相が保険適用を政策に掲げた。経済的負担の現状と、軽減する健康保険や助成金、民間の医療保険の動向をまとめた。

20年11月の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4836文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン