/

この記事は会員限定です

認知症、財産管理の心得 後見制度知り早めに備え

[有料会員限定]

「親が認知症になって初めて成年後見制度があることを知る人が多い」。司法書士でつくる成年後見センター・リーガルサポート東京支部の上山浩司支部長はこう話す。介護費などに充てるため親の預貯金を引き出そうと訪れた金融機関で後見人を付けるよう助言され、同支部に相談にくる40~60代の人が目立つという。

法定後見人、幅広い支援が可能

認知症で本人の判断能力が低下すると、たとえ介護が目的でも親に代わって子ども...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1640文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン