/

この記事は会員限定です

老後の保険「掛け過ぎ」注意 医療費、公的制度手厚く

[有料会員限定]

「どうしてこんな保険をかけるの」。四国地方に住む男性のAさん(67)は、30代の娘から保険の見直しでこう問い詰められた。Aさんはあと数年で養老保険が満期になり、保険金を受け取れる予定だったが、保険会社の営業員に勧められて解約。返戻金をもとに、死亡時に保険金を娘が受け取れる保険に乗り換えた。しかし娘は死亡時の保険金は不要だったと反対し、口論になったという。

備えの必要性、年齢とともに小さく

シニア...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1651文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン