/

この記事は会員限定です

住民税、高所得者に重く 控除の条件厳格に

[有料会員限定]

住民税額を記した「税額通知書」が届く時期が近づいた。2021年度は制度の改正があり、高所得者を中心に負担増を感じる人が多くなりそうだ。新型コロナウイルスの影響で収入を減らした人も多い。働き方などに応じた注意点や対策についてまとめた。

住民税は地方自治体(都道府県と市区町村)が住民の「所得」に対して課す税金。6月はその年度の最初の支払い月となる。会社員の場合は通知書に記載された住民税額が来年5月まで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1562文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン