相続節税に新手段 「精算課税」で年110万円の非課税枠 - 日本経済新聞
/

この記事は会員限定です

相続節税に新手段 「精算課税」で年110万円の非課税枠

点検 相続節税(1)

[有料会員限定]

「相続税対策でほぼ使われなかった相続時精算課税に関心が高まりそうだ」。ランドマーク税理士法人の清田幸弘代表税理士は、昨年末に政府が決定した2023年度税制改正の影響をこう話す。年110万円の非課税枠(基礎控除)が新設されるなど相続時精算課税の使い勝手が向上するためだ。

相続税対策に関心強く

相続節税を考える人は年々増えている。15年に相続税の非課税枠(基礎控除)が「3000万円+600万円×法...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1496文字

春割ですべての記事が読み放題
有料会員が2カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません