/

この記事は会員限定です

今年の運用、資産分散がカギ 株中心に金・REITも

[有料会員限定]

新型コロナウイルスに市場が翻弄された2020年に、資産運用で最後に笑ったのは春先の暴落に耐えて株式関連に投資を続けた人々だった。世界にあふれる緩和マネーが株価を支える構図は当面続くとみられるが、市場の変動率は今年も高そうで、どんな資産に分散投資するかが運用の成否のカギを握りそうだ。21年の運用戦略を考えてみた。

コロナ禍に市場が揺れた昨年はどんな資産が買われ、どんな資産が売られたか。投資信託の値動...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2417文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

長期の資産形成を考える際に欠かせない投資信託について、長年、運用業界をウオッチしてきた北沢千秋QUICKリサーチ本部主幹がデータなどを基に分析します。月一回の掲載です。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン