/

この記事は会員限定です

年金、共働きで増やす 世帯で4割増の試算も

[有料会員限定]

夫婦共働きの世帯数が専業主婦世帯を初めて上回ったのは1992年のこと。今年は30年目に当たる。2000年以降、共働きはほぼ右肩上がりで増え、専業主婦世帯を引き離したが公的年金の世界では依然として専業主婦世帯を前提としている。これを共働きに置き換えて眺めてみると、世帯で受け取る年金額が増えて老後不安は後退する。半面、夫婦のどちらかが先に死亡すると年金額急減の影響が大きくなることも分かる。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2546文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン