/

この記事は会員限定です

ゼロからわかる住民税 身近な行政サービスの「対価」

[有料会員限定]
例年6月ごろに給与所得者は勤め先を通じて「住民税決定通知書」を受け取ります。通知書には6月から払う住民税額が記載されています。住民税は国に納める所得税などとは異なり、居住する地方自治体に支払います。どのような仕組みで何に使われるのでしょう。

Q 住民税とは何ですか。

A 税金は大きく国に納める国税と地方自治体に納める地方税に分けられます。給与などの所得に課せられる税金のうち、国税が所得税、地方税が住...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1317文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン