/

この記事は会員限定です

相続節税、暦年贈与に逆風 23年度改正で控除縮小も

[有料会員限定]

「贈与に関する税の相談で相続時精算課税の仕組みを聞かれることが増えた」。辻・本郷税理士法人の税理士、浅野恵理氏はこう話す。贈与を利用した相続税の節税対策を抑えるため政府が贈与税を見直す方針を打ち出し、相続時精算課税の拡充が取り沙汰されているためだ。特に「富裕層の間で関心が強い」(浅野氏)という。

贈与税に2つの課税方式

シニア世代で子や孫に自分の財産を生前に贈る人は多い。贈与された財産には贈与...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1628文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン