/

この記事は会員限定です

投信、組み入れ上位を点検 月次リポートでリスク管理

[有料会員限定]

株式で運用する投資信託がどんな銘柄に投資しているかは、ファンドの現状を理解するための重要な手掛かりだ。投信の月次リポートを通じて組み入れている主な銘柄や組み入れ比率を知れば、そのファンドのリターンやリスクの源泉が浮かび上がってくる。世界的なグロース株(成長株)優位の相場が変わりつつある今、投資家はこれまで以上に銘柄情報にも気を配りたい。

これまで絶好調だった海外株式型ファンドの運用成績が足元で変調...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2486文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

長期の資産形成を考える際に欠かせない投資信託について、長年、運用業界をウオッチしてきた北沢千秋QUICKリサーチ本部主幹がデータなどを基に分析します。月一回の掲載です。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン