/

この記事は会員限定です

「預金代わり」投信 主要3タイプの仕組み総点検

[有料会員限定]

運用で損をするのは絶対に嫌だけど、お金は少しでも増やしたい――。そんなリスク嫌いの人たちをターゲットにした投資信託が人気だ。利息がほぼない預貯金の代替商品として、銀行の窓口経由でよく売れている。あの手この手と工夫を凝らしたファンドだが、仕組みをよくよく理解したうえで購入しないと後悔しかねない。

預貯金に代わる安全性の高そうな金融商品として、銀行などが販売に力を入れてきた投信には主に3つのタイプが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2577文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

長期の資産形成を考える際に欠かせない投資信託について、長年、運用業界をウオッチしてきた北沢千秋QUICKリサーチ本部主幹がデータなどを基に分析します。月一回の掲載です。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン