/

この記事は会員限定です

在宅介護、負担に備え 休業・休暇制度で離職防ぐ

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

「親の介護と仕事を両立できるか心配だ」。企業が従業員向けに開く介護セミナーで講師を務める機会の多い社会保険労務士の池田直子氏はこんな相談を受けることが増えたという。特に介護施設ではなく自宅などで介護をする場合は家族の負担が大きくなりやすい。「公的介護保険や介護休業といった制度の大まかな内容と相談窓口を知っておきたい」と話す。

在宅介護費、平均320万円の試算も

在宅で介護をする人は少なくない。生...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1636文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン