/

この記事は会員限定です

投信、利回り改善の選択肢 リスク踏まえ積極運用型も

(更新) [有料会員限定]

米大統領選後の世界的な株高をみて、資産運用に関心を強めた人は少なくないだろう。投資の初心者によく勧められるのが投資信託の積み立て。老後資金など長期の資産形成に向くとされているためだ。しかし日本で買える一般的な投信は約5500本と上場企業の数の1.5倍もある。この中から投信をどう選び、どんな点に注意して運用すればいいのだろうか。

株式は長期の資産形成向き

まず注目したいのは投信の運用先の資産だ。株...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2485文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン