/

資産2.5億円の会社員 有望株の値下がりを待ち構える

スゴ腕投資家のIPO投資戦略パート2(下)

4月27日から途絶えていたIPOが1カ月ぶりに再開。2日に建設コンサルタントのメイホーホールディングスが東証マザーズと名証セントレックスに上場し、同社の尾松豪紀社長が名証で記者会見に臨んだ
好調なIPO相場にスゴ腕の個人投資家はどう挑んでいるのか。その攻略法を探るシリーズの後編では、上場して間もない割安成長株への投資で資産が2億円を超えた著名投資ブロガーの取り組みを紹介する。

会社員投資家の弐億貯男さん(ハンドルネーム)は、ページビューが毎月約100万に上る人気投資ブロガーだ。2002年10月に100万円の元手で株式投資を開始。19年に、ハンドルネームの由来でもある「運用資産2億円」という目標を達成した。

その原動力は、試行錯誤の末に確立した独自の投資法だ。購入の対象を、IPO(新規株式公開)で上場を果たした後に人気が薄れて下落し、予想PER(株価収益率)が10倍台になった割安銘柄に絞る。その中から、一定の収入が定期的に入るストック型ビジネスを手掛ける会社の株を買う。そして業績の拡大が続く間は持ち続ける。

この投資法で5~10銘柄に集中投資し、複数の銘柄で大きな売却益を上げてきた。介護付き有料老人ホームを運営するチャーム・ケア・コーポレーションでは、テンバガー(10倍株)も達成した。

21年に入って相場観を転換

弐億さんは、19年10月に実施された消費増税で相場全体が暴落することを警戒し、事前に運用資産に占める現金の割合を7割まで高めた。この比率をキープしていたため、コロナショックで運用資産を大きく減らさずに済んだ。

その後も再暴落を警戒して現金7割を維持していたが、21年に入って「コロナ禍の影響を相場は既に織り込んでおり、すぐにまた暴落することはない」と見方を改めた。「有望株が割安になったら、積極的に買っていく」と語る。

既に複数の銘柄を売買した。値上がり益狙いの主力株は、コロナショック直後の5銘柄から4月末時点で9銘柄に増えた。もっとも購入銘柄の過半は、過去にも保有して事業内容や値動きを熟知している銘柄だ。「業績の拡大や改善による値上がりを見込んで再び購入した」(弐億さん)

20年以降にIPOで上場した購入銘柄のうち、バリオセキュアアールプランナー紀文食品は売却した。水産練り製品大手の紀文食品は上場初日に購入した。同社株はその後4日連続で急伸し、4月19日に初値の1.7倍まで上昇した。弐億さんは、買値の1.4倍で売却して利益を確定した。

一方、インターネットセキュリティーのバリオセキュアは、21年2月期決算が振るわなかったことから撤退することを決め、数万円の利益で売却した。注文住宅の建設請け負いと分譲住宅の販売を手掛けるアールプランナーは、木材不足で先行きに不透明感が生じたため、一旦売却して様子を見ることにした。

今後のIPO銘柄も注視

4月末時点で保有する新規上場銘柄は、20年3月に上場した介護施設運営のリビングプラットフォームと同年12月上場の物流企業ビーイングホールディングス。前者では、チャーム・ケア同様の大化けを期待している。

「20年以降に上場した銘柄は高い初値が付き、今も割高なものが多い。手ごろな価格まで下がるのを待つ」と弐億さん。そうした銘柄として、3月上場のT.S.Iと4月上場のセルムをウオッチする。T.S.Iはサービス付き高齢者向け住宅を運営している。セルムは企業の人材や組織の開発を支援する事業を手掛ける。さらに6月以降に上場する銘柄でも、有望株を発掘していく構えだ。

(中野目純一)

[日経マネー2021年7月号の記事を再構成]

日経マネー 2021年7月号 大化け期待のNEXT成長株
著者 : 日経マネー
出版 : 日経BP (2021/5/20)
価格 : 750円(税込み)
この書籍を購入する(ヘルプ): Amazon.co.jp 楽天ブックス

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

資産形成に役立つ情報を届ける月刊誌『日経マネー』との連動企画。株式投資をはじめとした資産運用、マネープランの立て方、新しい金融サービスやお得情報まで、今すぐ役立つ旬のマネー情報を掲載します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン