/

「データがいかに富を生むか」 データ時代の投資の視点

まねびYouTubeライブ第4弾

「データは21世紀の石油」というフレーズが象徴するように、データは今や経済にとどまらず、国家の安全保障の命運も握る。投資でも、データ経済の行方を見極める視点は欠かせない。

データサイエンティストとして最前線で活躍するJX通信社の松本健太郎氏は対談で、「データは石油ではなく原油。精製してこそ価値を生む」として、ビッグデータのような「量」ではなく、独自性の高い希少データこそ、企業の競争力を左右すると指摘した。「GAFA」など米国のITの巨人がそうしたデータを生かして富を生み出す仕組みと、データサイエンスが果たす役割をかみ砕いて解説してもらった。

「データが読める人」「データにだまされない人」になるための勘所は、実は「データの外」にあるという見立てもユニークで、これからデータサイエンティストを目指す方々にもヒントとなるだろう。その答えは動画で確認してほしい。

こちらはライブのダイジェスト版です。YouTubeチャンネルで約1時間の完全版を公開しています。ぜひ、チャンネル登録のうえ、ご視聴ください。

データ時代の経済を読む 投資家が知るべきツボ
https://youtu.be/u7D_saPPcrU

過去のライブは、いずれも視聴回数1万を超える人気コンテンツです。

第1弾 イチから学ぶ資産形成のニューノーマル
(ゲスト レオス・キャピタルワークスの藤野英人氏)
https://youtu.be/WeyxY4uJqI0

第2弾 徹底解説!初心者を待つ投資の落とし穴
(ゲスト 経済コラムニストの大江英樹氏)
https://youtu.be/9zeSIVgFxag

第3弾 将来もらえる年金を2000万円増やす方法
(ゲスト 社会保険労務士の井戸美枝氏)
https://youtu.be/yFPllI9Hl64

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

難しげな専門用語が多く、とっつきにくい経済や金融の世界。ベテラン記者の「高井さん」が勘所をかみ砕いてスッキリ解説します。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン