/

IT大手を早期退職した株達人 イベント投資で着実に稼ぐ 

スゴ腕億万投資家の新年度戦略(下)

特定のイベントに着目した先回り売買を得意とする夕凪さん。2020年には公募増資を受けて売買したANAホールディングスの取引などで大きな利益を上げた
株式投資で1億円を超える資産を築いた個人投資家の投資戦略を紹介する「スゴ腕億万投資家の新年度戦略」。シリーズ最後の3回目は、「イベント投資」と呼ぶ投資法を駆使して1億円を超える資産を築いたスゴ腕投資家の戦略を掘り下げる。

夕凪さん(ハンドルネーム)は、30万円の元手で株式投資を始め、資産を億円単位まで拡大させたスゴ腕投資家だ。2011年に大手IT企業を退職して、専業投資家に転身した。

「イベント投資」という独自の投資手法を確立したパイオニアとしても知られる。イベント投資とは、特定のイベントに合わせて株価が動く現象に着目し、先回りして売買することで利益を上げる投資法の総称だ。株主優待を得る権利の確定、東証1部への昇格、公募増資、TOB(株式公開買い付け)など、利用するイベントに応じて様々なバリエーションがある。

新高値を付ける銘柄を探す

夕凪さんは、20年2~3月にコロナショックで株式市場が暴落した際には、株主優待を目当てに保有する銘柄以外は損切りした。運用資産の減少幅は最大で9%に達したと話す。そこから減少分を取り戻して運用資産を増やした。それに最も大きく貢献したのは、年初来高値や昨年来高値を更新したり、もみ合い状態を抜け出したりといったイベントに着目した投資だった。

これらのイベントが起きた銘柄の値動きにはモメンタム(勢い)が付き、価格上昇が続きやすい。こうした観点から購入した銘柄として、空港内の店舗の運営を手掛けるJALUX、株の信用取引に必要な資金と株券を証券会社に貸し付ける業務を主に営み、株売買の活性化や金利の上昇で恩恵を受ける日本証券金融を挙げる。

高値を更新した銘柄を購入して値上がり益を狙う投資は、20世紀前半に活躍したジェシー・リバモア、ウォーレン・バフェットと同世代のウィリアム・オニールといった米著名投資家が実践した投資法だ。彼らの著書などを読んで取り組む個人投資家は日本にも多い。夕凪さんはリバモアの伝記を読んで手掛けるようになった。

今年2月下旬には、米長期金利の急騰を受けて相場全体が急落した。暗号資産(仮想通貨)の関連株や日経平均株価の構成銘柄で昨年来高値を付けた銘柄を保有していたが、この相場急落で売却した。

「年初来高値を付ける銘柄がまた徐々に出てきている。投資家の関心が高いテーマの関連銘柄で高値を更新する銘柄を今後も探していく」と夕凪さんは語る。

公募増資銘柄でも利益出す

コロナショック後には、他のイベント投資も手掛けた。まず公募増資を利用する売買だ。時価総額の大きい大型株で公募増資が行われると、その銘柄を組み入れたTOPIX(東証株価指数)などの株価指数に連動する投資信託の運用会社から買いが入る。指数の構成通りに組み入れ銘柄を保有するために、公募増資に伴う時価総額の増額分に応じて銘柄を買い増す必要が生じるからだ。

このインデックス型投信の運用会社の買いで、公募増資の発行価格決定日から払込期日までの間に株価が上昇する傾向がある。この上昇に伴う値上がり益を狙って先回り売買する。航空大手の日本航空ANAホールディングスの公募増資でこの先回り売買を実行して利益を上げた。

ANAホールディングスの公募増資に着目。公募増資の発行価格決定日から払込期日までに値上がりしやすい傾向を利用して先回り売買し、売却益を得た

TOB合戦で利益を上げる

さらに、TOBを対象としたイベント投資も手掛けた。例えば、ホームセンターと家具専門店の大手である島忠株の売買で大きな利益を上げた。

島忠を巡っては、まずホームセンター業界2位のDCMホールディングスがTOBで完全子会社化を目指すことが20年9月に報じられた。そこに割って入ったのが、家具・インテリア専門店チェーン大手のニトリホールディングス。20年10月末に島忠の買収を表明した。

ニトリによるTOB価格の引き上げを好感した投資家の買いが集まり、既に上昇していた島忠の株価はさらに跳ね上がった。結局、DCMの1株4200円を1300円上回る1株5500円でTOBを実施したニトリが、島忠経営陣の賛同も得て勝利した。

島忠をめぐるTOBではニトリが検討しているという報道を受けて島忠株を購入し、売却益を上げた

「テレビ東京の報道番組でニトリによるTOBの可能性が取り上げられた。有力メディアのTOB観測報道は実現する可能性が高い」

夕凪さんはこう話し、21年度の相場でもTOBを利用したイベント投資を仕掛けるチャンスを狙っていくと明かす。

(中野目純一)

[日経マネー2021年5月号の記事を再構成]

日経マネー 2021年5月号 日経平均3万円からの株の勝ち方入門
著者 : 日経マネー
出版 : 日経BP (2021/3/19)
価格 : 750円(税込み)
この書籍を購入する(ヘルプ): Amazon.co.jp 楽天ブックス

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン