/

保有特許に注目 食感・味の改善を競う「食料品」企業

工藤特許探偵事務所

写真はイメージ=PIXTA
企業が保有する特許(=技術力)に着目して有望銘柄を発掘する「工藤特許探偵事務所」。「企業が保有する特許の経済価値(技術力)の総和と時価総額(株価)には相関がある」という仮説に基づき、成長株を探していこう。

この連載では、技術の経済的価値を示すYK値(下囲み参照)の過去2年間の変化率に着目し、業種ごとに成長企業を紹介している。今回取り上げる分野は「食料品」だ。

食べることは人類普遍のテーマ。食品会社は現在も新技術でしのぎを削っている。注目されているのは、加工食品の技術だ。特に食味の改善や利便性の向上などに関する技術の特許出願が多い。中小企業では食品用原材料の技術開発も活発だ。また、新型コロナの影響で外食から中食・内食へとシフトしている社会状況は食品メーカーに新商品開発の機会を増やしている。以下、YK値の成長率が高い技術成長銘柄を紹介する。

1位昭和産業。製粉・油脂大手で、穀物取扱高は国内食品メーカーの中でトップ級。食用油や粉製品を中心に食品材料を提供している。近年は東南アジアなど海外にも積極的に展開している。技術成長の観点でトップの企業だが、保有技術に比べて株価が割安な技術割安銘柄でもある。

競争力が高まっているのは、製パン用の食品材料など食品製造の基礎に関わる分野。既に国内トップクラスのシェアを誇るが、今後は技術力を生かして海外市場でさらなる成長を果たしていくことだろう。

2位ミヨシ油脂は、食品用原材料と化成品を強みとする。マーガリンなどの食用油脂と油化技術を利用した化成品が主力。自社製品のトランス脂肪酸の低減にも取り組む。この2年で食品用原材料では保形性に優れたホイップクリームなどに関する特許のYK値が伸びた。また、化成品では繊維の吸水性能を高める薬剤に関する特許が伸びたが、これは紙おむつやマスクなどへ応用できるもの。培った技術を水平展開して積極的に製品領域を拡大している点を評価したい。

3位伊藤ハム米久ホールディングス。食肉加工品の大手。2016年に伊藤ハムと米久が経営統合。近年は環境負荷の少ない植物由来の代替肉にも注力している。伸びたのはやはり食肉加工品関連の技術だ。特に、肉の食感を保ちながら調味肉(調味料などを染み込ませた肉)や食肉製品を製造する方法に関する特許がYK値を大きく押し上げた。手軽に上質な肉料理が食べられることは消費者にとって大きな魅力。同社のシェアもさらに伸びていくのではないか。

4位ニップンは製粉と加工食品を手掛ける企業。加工食品では特にパスタ関連に強い。ヘルスケアやバイオ関連にも進出し、事業の幅を広げている。製粉と加工食品の両面でYK値が成長したが、特に注目したいのは、食感や食味を改善したパスタソースや麺類などに関する特許だ。カルボナーラソースなどに限定した特許もあり、味へのこだわりが強く感じられる。

今回紹介した4銘柄以外では、即席麺の先駆者であり、かつトップシェアを誇る日清食品ホールディングスや、冷凍野菜に強みがあるニチレイ、ミドリムシ関連製品で著名なユーグレナなどが食料品分野の技術優良銘柄として挙げられる。絶え間ない技術開発により、食品の質向上を追求する企業群。引き続き注目したい。

YK値とは? 技術力(特許価値)で成長株を探す方法


YK値は工藤一郎国際特許事務所が開発した指標で、出願された特許に対する閲覧請求や無効審判など、ライバル企業が特許の内容を調べたり、無効にするために弁理士に支払った費用から算出する。弁理士コストは50万~100万円程度、訴訟を含めた場合は数百万円程度であり、YK値はこの金額を基準として算出する。なお、実際の手続きには弁理士コスト以外も必要で、全体では弁理士コストの10倍、数千万円程度になることもある。ただし、全体のコストと弁理士コストはおおむね比例するため、弁理士コストから技術の価値は推定できる。YK値は特許価値評価ウェブサービス「PATWARE」で参照可能。

YK値が上昇すると時価総額(株価)の増加も期待できる。図は日東電工の過去30年間の株価とYK値の推移だが、両者には一定の相関が見て取れる。このコラムでは成長株を探すため、過去2年間のYK値上昇率に着目。業種ごとに増加率上位銘柄を成長株として紹介する。特許価値の変化が株価に反映されやすい中小型株が対象だ。なおYK値は株価には着目していない。株価が既に割高になっている場合もあるので、PERやPBRなども合わせて参考にしてほしい。
工藤一郎(くどう・いちろう)
弁理士。工藤一郎国際特許事務所所長。大阪大学工学部卒。NECで磁気ヘッド開発に従事した後、知的財産部などで特許実務に携わる。2000年4月に工藤一郎国際特許事務所設立。特許の経済的価値の数値化や、特許価値の比較を容易にする技術業種分類などを開発。

[日経マネー2021年8月号の記事を再構成]

日経マネー 2021年8月号 コロナ後相場の稼ぎ方&勝負株
著者 : 日経マネー
出版 : 日経BP (2021/6/21)
価格 : 800円(税込み)
この書籍を購入する(ヘルプ): Amazon.co.jp 楽天ブックス

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン