/

学び続ける姿勢がビジネスの好機生む(福代和也)

マネーの履歴書 Funda代表・福代和也さん

「大手町のランダムウォーカー」のハンドルネームで、SNS(交流サイト)上で「会計クイズ」を展開するFunda代表の福代和也さん。ビジュアル化した損益計算書を並べ、「どちらがファーストリテイリングでどちらがしまむらか」といった問題を出す。「高校卒業後、大学へ行かず、ほぼ働きもせずの生活だった」という福代さんは、どんなお金観・仕事観を持っているのか。

昔から物欲は控えめな方で、子供の頃からお金遣いはあまり荒くなかったと思います。というのも、ずっと運動漬けの生活でお小遣いをたくさん使うタイミングがなかなかなくて。

小学校から中学校は野球、高校はアメフトに時間を割いていました。今でこそ息を吸うように決算書や企業の事業モデルについて話していますが、10代はビジネスとの接点も全くありませんでした。

高校を卒業した後、浪人生活を始める。そこで夢中になったのが、オンラインゲームだった。

今で言う「オンラインサロン」のようなものをつくり、チームで協力して戦っていました。600人規模のメンバーを率いていたので、やっていることは「インフルエンサー」そのもの。実は、現在の活動でのツイッターの動かし方などについて、当時の経験が生きている面もあります。

しかし21歳の時、転機が訪れる。「生活を変えたい」という一心で、公認会計士資格の取得を志すことを決めた。

「成人して学校も行かず無職、という現状を変えるためには公認会計士ぐらいの難関資格を取るしかない」と考えました。奨学金制度を利用して資格学校に通い、オンラインゲームは一切やめることに。そこで「涙の武器配布祭り」を実施して、チームの仲間にアイテムを全て無償で渡しました。せっかくだし、最後に少しでも良い印象を残せたらと思って(笑)。

約4年勉強をして、25歳の時に無事合格。就職した監査法人で新たな出会いがあり、「会計とビジネスを結びつける」仕事のきっかけが生まれた。

会社で知り合った先輩がキャリアアップのために転職活動をしている姿に影響され、戦略コンサルの仕事への転職を考えるようになりました。ところが、それまでの会計コンサルで扱っていたのは一取引ごとのお金のやりとり。僕にはビジネスの全体像を見る能力が足りませんでした。

そこで会計からビジネス構造を読み取る力を磨くため、その先輩と生み出したのが「会計クイズ」の原型です。最初は単純に、2つの決算書を並べて「どちらが、どの会社のものでしょう」という問題をお互いに出し合うものでした。

その頃はビジネスについて教えてくれる人がいたわけでもなかったので、経営者向けの本、各業界の詳細が分かる本などを読んでひたすら勉強。「この企業は無駄な在庫を持たないことで原価率を下げているのか」「直営かフランチャイズかで、決算の数字がこう変わるのか」といった知識のストックを増やしていきました。

会計クイズを分かりやすくビジュアル化し、シンプルな形にしてツイッターで公開してみたところ、大きな反響があった。

結局転職はせず、会計クイズなどを軸に展開するFundaを起業することにしました。最初は1回1000円の勉強会から始めたのですが、徐々に「うちの会社でもやってほしい」と企業内研修などの話も来るように。どんどん事業の幅が広がっていきました。

「勉強会の価格は1回ランチを我慢すれば払える程度の価格に抑えて、単価よりも回転数を上げていこう」。そうした戦略を考えることができたのは、クイズを作るために学んだビジネスの知識のおかげ。それらは今も役立っています。

決算書の基本的な用語や構造に関する知識には限りがあるけれど、ビジネスの知識は永遠に増やしていかなければいけない。範囲は無限だし、数をこなすしかないのだと感じます。でも学びで得られた知見や出会いが自分の人生を大きく変えてくれました。まだ知識も経験も多いとは言えませんが、一歩ずつ昨日の自分よりも成長するために知識を積み上げていきます。

福代和也さんのマネーのターニングポイント

●ゲーム漬けの生活に踏ん切りをつけ、会計士を目指したこと
高校卒業後は働かずにオンラインゲーム中心の生活で、将来が定まらなかった。21歳の時に一念発起して勉強を始め、25歳で公認会計士資格を取得。今の事業は資格学校時代の仲間と手掛けており、知識も人脈も広がる大きな経験だった。

●戦略コンサルへの転職を目指し、猛勉強したこと
会計コンサルから戦略コンサルへの転職を目指し、経営本などで猛勉強。会計とビジネスの知識を結び付ける勉強の一環として「会計クイズ」の原型を作った。それをアレンジしてツイッターで公開したところ大反響。28歳でFundaを起業した。

「マネーの履歴書」は、様々な分野の第一線で活躍する人のマネーヒストリーやお金哲学を紹介するコラムです。

(大松佳代)

日経マネー 2021年12月号 ここから上がる日本株&米国株
著者 : 日経マネー
出版 : 日経BP (2021/10/21)
価格 : 750円(税込み)
この書籍を購入する(ヘルプ): Amazon.co.jp 楽天ブックス

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン