/

保有特許に注目 「ガラス・土石」関連の技術成長企業

工藤特許探偵事務所

技術的な観点から有望銘柄に注目する「工藤特許探偵事務所」。過去2年間におけるYK値(下囲み参照)の成長率が高い銘柄を、業種ごとに紹介している。

今回取り上げるのは「ガラス・土石製品」。電子機器向けのレンズや建築材料など日常生活を支える分野であるとともに、工業用の原材料など産業の基礎となる分野だ。この分野で注目されているのは高性能な光学ガラスや、強化ガラス、セラミックスなど先端材料に関する特許。これに建築材料や、セメント、化成品に関する特許が続く。中小企業では特殊な用途に用いる建築材料、工業用化成品に注力する企業が多い。以下、YK値成長率の高い4銘柄を紹介する。

第1位トーヨーアサノはコンクリートパイルを製造する会社。トンネル用製品や不動産賃貸事業なども手掛けるほか、近年はスマートエネルギー事業にも進出している。コンクリートパイルとはビルなどを建てる際に、地盤を強化するために地面に打ち込むくいのこと。YK値を押し上げているのもコンクリートパイルに関する特許だ。同社のコンクリートパイルを使用した工法は、高強度でありながら施工が容易。手間とコストが低減できる。近年、土木建築の現場では労働力不足や原材料費の高騰が問題となっている。手間とコストを軽減する同社のこの工法には、大きな需要があると予想する。

第2位MARUWA。電子機器に用いるセラミック部品などを手掛ける。2021年3月期の売上高比率は海外が54%とグローバルに事業を展開しているが、中でもアルミニウム粉末関連技術の特許がYK値を押し上げている。プラスチックにアルミニウム粉末を混ぜると放熱性が高くなるのだが、同社の粉末は特にその効果が大きい。この放熱技術は電子機器の小型化などに必須となる技術で、電気自動車向けの部材にも使用できるもの。今後、同製品の売り上げを拡大していくのではないか。

第3位神島化学工業は不燃建材とマグネシウム化成品を提供している会社。両分野で技術力を伸ばしたが、特にマグネシウム関連の技術が成長している。中長期の経営戦略として、マグネシウム分野とセラミックス分野に注力することを掲げている。マグネシウム化成品は、医薬品、食品添加物、ガラス、セラミックスなどの原材料となる産業に必須の化成品で、同社の売り上げも堅実に推移するだろう。

第4位ニチハ。セメントなどを使った建築外装材大手だ。YK値を伸ばしたのは外壁材の「鏡面仕上げ」に関する特許。「鏡面仕上げ」とは風景が映り込むように外装部を磨き上げること。セメント系外装材での実現は従来困難とされてきた。意匠性が高く、特に商用施設などでの活用が期待できる。鏡面仕上げの外装材などを活用し、非住宅市場の開拓にも取り組んでいる。

今回取り上げた企業はBtoB企業ながら、意外と身近な製品を手掛けていた。堅実な事業を高い技術力で成長させている。紹介した4銘柄以外では、ガラス繊維に強みがある日本板硝子、セメント大手の太平洋セメント、電子機器用光学ガラス大手のオハラなどが技術優良銘柄として挙げられる。

YK値とは? 技術力(特許価値)で成長株を探す方法


YK値は工藤一郎国際特許事務所が開発した指標で、出願された特許に対する閲覧請求や無効審判など、ライバル企業が特許の内容を調べたり、無効にするために弁理士に支払った費用から算出する。弁理士コストは50万~100万円程度、訴訟を含めた場合は数百万円程度であり、YK値はこの金額を基準として算出する。なお、実際の手続きには弁理士コスト以外も必要で、全体では弁理士コストの10倍、数千万円程度になることもある。ただし、全体のコストと弁理士コストはおおむね比例するため、弁理士コストから技術の価値は推定できる。YK値は特許価値評価ウェブサービス「PATWARE」で参照可能。
YK値が上昇すると時価総額(株価)の増加も期待できる。図は日東電工の過去30年間の株価とYK値の推移だが、両者には一定の相関が見て取れる。このコラムでは成長株を探すため、過去2年間のYK値上昇率に着目。業種ごとに増加率上位銘柄を成長株として紹介する。特許価値の変化が株価に反映されやすい中小型株が対象だ。なおYK値は株価には着目していない。株価が既に割高になっている場合もあるので、PERやPBRなども合わせて参考にしてほしい。
工藤一郎(くどう・いちろう)              
弁理士。工藤一郎国際特許事務所所長。大阪大学工学部卒。NECで磁気ヘッド開発に従事した後、知的財産部などで特許実務に携わる。2000年4月に工藤一郎国際特許事務所設立。特許の経済的価値の数値化や、特許価値の比較を容易にする技術業種分類などを開発。                

[日経マネー2022年4月号の記事を再構成]

日経マネー 2022年4月号 中長期でがっちり儲ける 次世代10倍株
著者 : 日経マネー
出版 : 日経BP (2022/2/21)
価格 : 750円(税込み)
この書籍を購入する(ヘルプ): Amazon.co.jp 楽天ブックス

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン