/

桐谷さんが選ぶ株主優待 スポーツ関連の注目銘柄

猛暑が過ぎ去れば、スポーツの秋がやって来ます。東京五輪の熱戦を見て、何か運動を始めようと思った人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、優待名人の桐谷広人さんが選んだ「スポーツ関連優待」のお薦め10銘柄を紹介します。
ディー・エヌ・エーの優待でもらった横浜DeNAベイスターズのタオルを持つ桐谷さん

優待券でスポーツジムをフル活用

どうも、桐谷です。今回のテーマはスポーツ優待。まずはスポーツジムに行ける優待を紹介します。

最初はルネサンス。全国で展開しているので、誰でも利用できる優待です。100株で施設利用の優待券が2枚もらえ、ウエアやシューズなども貸してくれます。スポーツジムの利用料は1日2500〜3000円という場合が多いのですが、2500円として計算すればルネサンスの場合は年間1万円分が優待でもらえることになり、優待利回りとしてはかなり高くなります。

セントラルスポーツの株価はルネサンスの倍程度ですが、こちらは100株で優待券が3枚もらえます。加えて1枚につき1名同伴可。ルネサンスが年間延べ4人利用に対し、こちらは年間延べ12人利用できます。夫婦で行きたい、友人と一緒に、という場合はこちらの方がお得です。

次は東祥。中京地区に店舗が多くあります。こちらの優待券はQUOカードとの交換も可能。店舗が近くにある人はジム利用に、ない人はQUOカード交換に、と選択できます。

ここまでがスポーツジムを無料で利用できる優待です。以前は他にもあったのですが、優待廃止などで減ってしまいました。無料ではありませんが、割引料金でジムを利用できるのが東急不動産ホールディングス。全国にあるジムを利用できます。2カ所だけ少し料金が高いのですが、それ以外は1回1100円で利用できます。

ボウリングやゴルフも楽しめる

ラウンドワンは、100株で1000円以上の利用料で使える500円券がもらえます。レジャー施設の運営でボウリング場利用時に使えます。

続いて、最近人気が復活しているというゴルフの優待で平和。ここは昨年、優待内容の変更があり、100株でゴルフ場利用時に使える3500円券年4枚が、200株で1000円券年4枚になりました。ですが、以前は1回の来場で1人につき1枚しか使えなかったのが、1人につき最大16枚までになりました。配当利回りだけでも4%程度。利用できるゴルフ場も多くあります。

藤倉コンポジットは配当利回りが3%程度。配当利回りも高めですが、年2回の優待でゴルフクラブのシャフト交換が40%引きになります。併せてカタログ掲載のスポーツ関連品の割引購入も。リュックや登山靴などが35~50%引きで買えます。

注:データは8月5日時点。同内容の優待が年2回ある場合は1回分を掲載。記載以外の優待がある場合は「~」と表記

スポーツ用品購入に使える優待も

次はアルペンヒマラヤ。スポーツ用品の購入といえば、この2銘柄です。アルペンはアウトドア用品が好調で増配を発表しましたが、配当額は長いこと年40円でした。優待は買い物などに使える優待券が100株で年4000円分。一方のヒマラヤは株価、配当、優待ともアルペンのほぼ半分。双方とも総合利回り4%程度の水準で株価が推移していたのですが、アルペンが増配発表で株価上昇。ヒマラヤも追うように株価が上がり、8月には増配を発表。いずれも総合利回りは低下気味です。

そして最後にディー・エヌ・エー。現在の優待は横浜DeNAベイスターズかバスケットの川崎ブレイブサンダースのオフィシャルグッズ3点などです。通常は野球観戦優待ですが、昨年からコロナ禍でグッズに変更。コロナが収束して、また野球観戦ができるように、と選びました。

はみ出しコラム「私が好きなスポーツ」

42.195kmのフルマラソンは走ったことはありませんが、私はマラソンが好きです。学校に通っていると5kmや10kmなどのマラソン大会がありますよね。走るのは得意で順位も良かったので、マラソン大会はいつも楽しみでした。陸上部の人と走るとかないませんでしたが、高校時代のクラス対抗駅伝では2年連続でアンカーを務めました。

棋士になるために上京してからは日本将棋連盟のマラソン大会にも出場して、5年連続で優勝したこともあります。これは東京の聖徳記念絵画館近辺を周回するマラソンで約5kmのコースだったのですが、「いつも桐谷が優勝するから」と取りやめになってしまいました。10年ほどして再開。出場してみましたが、若い人には勝てませんでした。
桐谷広人(きりたに・ひろと)
71歳。元プロ棋士(七段)。1984年の失恋をきっかけに株式投資を始める。現在1000以上の優待銘柄を保有し、その優待品で日々の生活をほぼ賄っている。癒やされる人柄も人気の理由。

(佐藤由紀子)

[日経マネー2021年10月号の記事を再構成]

日経マネー 2021年10月号 配当生活入門
著者 : 日経マネー
出版 : 日経BP (2021/8/20)
価格 : 750円(税込み)
この書籍を購入する(ヘルプ): Amazon.co.jp 楽天ブックス

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン