/

「ESG」と「非接触」が資金集める 人気投信ランキング

投資信託選びの目安に資金流入額と基準価額の騰落率がある。この連載では、全投資信託を対象にしたランキングから人気の投資信託を探る。

今回は過去6カ月間(2020年6~11月)に新規設定された国内全公募投資信託の当初設定額ランキングを解説する。首位は4000億円近くを集めた「グローバルESGハイクオリティ成長株式ファンド(為替ヘッジなし)」。コロナ下で史上2位となる設定額を集めた新設投信が登場したことは、20年の投信業界最大のニュースと言ってもよいだろう。

2位の「デジタル・トランスフォーメーション株式ファンド」にも注目したい。「ゼロ・コンタクト」という愛称通り、主に非接触型ビジネス関連企業に投資する。あらゆる場面でソーシャルディスタンス確保の重要性が叫ばれているウイズコロナ時代に合致したコンセプトの投信だ。

20年11月末時点の組み入れ首位は米ロク。日本ではあまりなじみがないが、テレビにつなげることでネットフリックスなどのコンテンツを視聴できる動画配信機器を手掛ける。ケーブルテレビからストリーミング視聴へのシフトの流れを受け、成長が予想されている。

14位の「京都企業株式ファンド(資産成長型)」は、多数の名門企業を輩出してきた京都府の他、滋賀県に本社を置く企業を中心に投資する。似たコンセプトの「京都・滋賀インデックス ファンド」(05年11月設定)の過去10年間のリターン(11月末時点)は約200%と、TOPIX(配当込み)の約150%を上回っている。

2020年6~11月の6カ月間に新規設定された投信(確定拠出年金専用およびラップ口座サービス専用などを除く)について、当初設定額が大きい順に並べた。R&Iリスク分類は基準価額の変動リスクを、大きい順にRC5からRC1までの5段階で分類したもの。R&I投信事業部の業務は、信用格付業ではなく、金融商品取引業等に関する内閣府令第299条第1項第28号に規定されるその他業務(信用格付業以外の業務であり、かつ、関連業務以外の業務)です。当該業務に関しては、信用格付行為に不当な影響を及ぼさないための措置が法令上要請されています。R&Iファンド大賞およびR&Iの投信定量評価に関してはサイト(www.r-i.co.jp/investment/)を参照

(格付投資情報センター)

日経マネー 2021年2月号 2021年は最強日本株で勝つ!

著者 : 日経マネー
出版 : 日経BP (2020/12/21)
価格 : 750円(税込み)
この書籍を購入する(ヘルプ): Amazon.co.jp 楽天ブックス

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン