/

「テレマティクス」で利便性増す自動車保険

ITやAIで進化する「新しい保険」(上)

IT(情報技術)やAI(人工知能)などがすさまじい勢いで進化する中、損害保険・生命保険でも技術を活用した新たな商品やサービスが続々と生まれている。今注目の新しい保険の特徴と、活用法や注意点を2回にわたり紹介する。今回は、「安全運転」とテクノロジーの組み合わせで保険料が安くなったり、事故対応が迅速になったりしている自動車保険を取り上げる。

情報×情報工学が生んだ新サービスが続々

損害保険会社が販売する自動車保険は、補償内容で差別化がしづらい。そこに大きな変化をもたらしたのは、ネットや通販の損保会社が扱う「リスク細分型」の保険だ。年齢、性別、運転歴、クルマの使用目的、年間走行距離、地域、クルマの種別、安全装置の有無、保有台数の9つの項目でリスクを区分して保険料を決めるというもので、人によっては従来より保険料を大きく下げることができる。

最近のトレンドは「安全運転支援」。そして、テレコミュニケーション(通信)とインフォマティクス(情報工学)を組み合わせた技術を活用して安全や事故防止を図る「テレマティクス保険」だ。

2015年にソニー損害保険が、運転特性に応じてキャッシュバックする特約を業界で初めて導入。現在販売している後継商品「GOOD DRIVE」は、専用デバイスとアプリで計測された運転スコアによって最大30%の保険料キャッシュバックが受けられる。お得なだけでなく、自分の運転を振り返ることができるので、安全運転を心掛けたり、事故リスクを減らしたりすることにつながる。

ドラレコが安全運転支援

大手損保会社が導入しているのは通信機能のついた専用のドライブレコーダー(ドラレコ)を活用した保険だ。あおり運転が社会問題化し、クルマにドラレコをつける人が増えているが、保険会社のドラレコは、運転特性を可視化したリポートを提供するほか、前方車両との接近、急ブレーキ・急アクセル・急ハンドルなどの際に警告音を発して注意喚起してくれる。運転中の天候・時間帯、運転特性を基に危険地帯を予測し、そこへ接近すると音声や画面でメッセージを表示するというものもある。

あらかじめ指定したエリアからの逸脱や高速道路での逆走で警告が出るものは、高齢者の運転が心配な家族のニーズに対応できる。運転特性のリポートは、免許返納について話し合うきっかけにもなる。親が、免許を取ったばかりの子供に安全運転をさせるために利用することも考えられる。

ファイナンシャルプランナー(FP)の清水香さんは安全運転支援型の保険について「自分の努力で保険料を下げられるのは利用者にとってメリット。交通事故を減らすという社会課題の解決にもなる」と話す。

ドラレコ型は事故時も安心

ドラレコ型の保険でもう一つ注目すべきなのは、事故時の対応だ。専用のドラレコには、事故で強い衝撃を受けると自動的に事故受け付けセンターに連絡する機能や、事故時の映像を保険会社に自動送信する機能がついている。衝撃がなく自動通報がされなかった場合でも、ドラレコについている緊急ボタンを押せば保険会社に連絡でき、警備会社のガードマンが駆け付けて、安全確保や救急車の手配をしてくれたりする。

損害保険に詳しいFPの平野敦之さんは、「事故に遭うと誰でも動転してしまい、保険会社への連絡がスムーズにできないことも多い。土地勘のない場所では、自分のいる場所を保険会社のオペレーターに伝えられないこともあるので、ドラレコの自動通信機能は大いに役に立つ」と話す。

ドラレコに事故時の映像が記録されれば、相手との言い分の食い違いで示談交渉が長引き、保険金の受け取りが遅れるといったことも防げる。映像からAIが過失割合を自動判定する損保会社もある。清水さんは、「ドラレコ型保険で事故によるお金の問題と、相手との交渉という煩わしさが軽減される」と評価する。

専用ドラレコの利用には、月650円あるいは850円の利用料がかかる損保会社が多いが、「年間1万円程度で事故時の心理的な負担や交渉にかかる時間が削減されるなら、自分でドラレコを買うよりいいという人もいるだろう」と平野さん。ただ、車種によっては専用のデバイスやドラレコが取り付けられないことがある点には注意したい。

ドラレコ型を扱う大手損保の保険料は、リスク細分型に比べて割高。安さ優先ならネット・通販のリスク細分型、事故時の対応を考えるならドラレコ型と、二極化されていきそうだ。

(ファイナンシャルプランナー・馬養雅子)

[日経マネー2021年6月号の記事を再構成]

日経マネー 2021年6月号 ここから上がる最強の日本株
著者 : 日経マネー
出版 : 日経BP (2021/4/21)
価格 : 750円(税込み)
この書籍を購入する(ヘルプ): Amazon.co.jp 楽天ブックス

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン