/

名古屋場所、観客数を制限せず開催へ 20年初場所以来

日本相撲協会は31日、東京都墨田区の両国国技館で理事会を開き、大相撲名古屋場所(7月10日初日・ドルフィンズアリーナ)は定員7448人の観客数に制限を設けずに実施すると発表した。新型コロナウイルス感染拡大後では初めてで、通常開催は2020年1月の初場所以来となる。

今年の初場所は定員の約半分に当たる5千人、春場所は定員の約75%の約5600人で開催してきた。夏場所(5月8日初日・両国国技館)は上限が通常の約87%の9265人に緩和される予定。芝田山広報部長(元横綱大乃国)は「安全性を考えた上で戻していかないと、相撲協会の運営にも関わってくる」と説明した。

観客らによる館内での飲食などについては、専門家の意見を聞いた上で判断していくという。昨年の名古屋場所は収容人数の50%に当たる3800人が上限だった。同場所担当部長の出羽海親方(元幕内小城ノ花)は「お客さんに入ってもらわないと。感染対策は引き続きやっていかないといけない」と気持ちを引き締めていた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン