/

Jリーグ、7月の6試合で声出し応援検証 指定エリア内で

Jリーグは31日、6月から段階的に緩和される声出し応援について新たに7月の6試合で運営検証を行うと発表した。

対象は7月2日に開催されるJ2の秋田―山口(ソユースタジアム)、水戸―横浜FC(ケーズデンキスタジアム水戸)、山形―栃木(NDソフトスタジアム山形)と、同6日に行われるJ1の鹿島―C大阪(カシマスタジアム)、FC東京―札幌(味の素スタジアム)、横浜M―広島(日産スタジアム)。

新型コロナウイルス対策で禁止されてきた声出し応援を巡っては、まず6月11日のYBCルヴァン・カップの鹿島―福岡(カシマスタジアム)と同12日のJ2の東京V―岩手(味の素スタジアム)で検証が行われる。指定エリア内の観客は不織布マスクを着けた上で声援を送ることができる。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン