/

柔道・井上監督が退任意向表明 任期満了で

柔道男子日本代表の井上康生監督=共同

柔道男子日本代表の井上康生監督(43)は31日、競技最終日の混合団体終了後に「9年間の素晴らしい経験を次なるステージに生かせるよう、さらなる努力をしていく」と述べ、退任の意向を表明した。全日本柔道連盟の規定に基づく2期8年に、五輪延期に伴う1年を加えた任期満了に伴うもの。

井上監督は以前から東京五輪を集大成に掲げ、7階級で日本男子最多の金メダル5個へと導いた。「こんな素晴らしい選手たちと9年間闘わせてもらった。これほどの幸せ者はいない」と涙で声を詰まらせた。新型コロナウイルス禍での活躍に「厳しい環境下で日々を過ごしながら、目標を達成させるために努力を重ねた。彼らにとって、この時間というものは今後の人生において財産になった」とねぎらった。

井上監督は日本男子が初の金メダルなしに終わった2012年ロンドン五輪後、34歳の若さで就任。強化方針の改革と情熱あふれる指導力で、16年リオデジャネイロ五輪は2階級制覇を含む史上初の7階級全員メダルを成し遂げた。〔共同〕

Tokyo Olympics and Paralympics 特設サイトへ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン