/

フィギュア鍵山優真、新SPはロック 「可能性広げたい」

フィギュアスケート男子で北京冬季五輪銀メダルの鍵山優真(オリエンタルバイオ・中京大)が30日、有料動画配信で2022~23年シーズンの演目を発表し、ショートプログラム(SP)をロック、フリーをクラシック調の音楽で滑ることになった。「進化」をテーマに挙げ「自分の可能性を広げていきたい。どんどんチャレンジしていく」と意気込んだ。

SPの曲は「ビリーバー」でシェイリン・ボーンさん、フリーは「レイン・イン・ユア・ブラック・アイズ」でローリー・ニコルさんが担当し、米国とカナダでそれぞれ振り付けた。エキシビションは10年バンクーバー、14年ソチ両五輪女子代表の鈴木明子さんに依頼した。〔共同〕

スポーツトップ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン