/

サッカー天皇杯、観客100%で開催 準決勝と決勝

日本サッカー協会は30日、第101回天皇杯全日本選手権の準決勝(12月12日)と決勝(同19日)を各会場の収容人数100%で開催すると発表した。政府による新型コロナウイルスの基本的対処方針改定を受け、会場所在地の自治体に安全計画を提出して承認された。新型コロナ感染拡大後、観客数を制限せずに開催するのは主要プロスポーツで初めて。

準決勝は収容約6万人の埼玉スタジアムで浦和―C大阪、約2万5千人の川崎市等々力陸上競技場で川崎―大分が行われる。決勝は約6万8千人収容の東京・国立競技場で開催する。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン