/

広島・栗林、5300万円で更改 新人最多37セーブに並ぶ

広島の栗林良吏投手が30日、マツダスタジアムで契約交渉に臨み、3700万円増の年俸5300万円で更改した。開幕から抑えを務め、2015年に山崎(DeNA)がマークした新人最多記録に並ぶ37セーブを挙げた。「しっかり評価していただいた。誇らしい記録はセーブシチュエーションで失敗しなかったこと」と相好を崩した。

愛知黎明高から名城大、トヨタ自動車を経て、ドラフト1位で入団。53試合に登板してプロ野球歴代2位の20試合連続セーブを記録し、防御率0.86と抜群の安定感を誇った。東京五輪でも金メダルを獲得するなど1年目からフル回転し「胴上げ投手になるのが一番だと思うが、今年同様に守護神として、1年間マウンドに上がれるように」と来季への抱負を語った。(金額は推定)〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン