/

大阪桐蔭13得点で快勝、4年ぶり決勝へ 選抜高校野球

選抜高校野球大会第10日は30日、準決勝が行われ、近江(滋賀)と大阪桐蔭が決勝に進んだ。近江は春は初の決勝進出で、大阪桐蔭は3度目の優勝を果たした2018年以来4年ぶり。近畿勢同士が決勝で対戦するのは18年以来。

近江は浦和学院(埼玉)に延長十一回、5-2でサヨナラ勝ち。2-2で迎えた十一回に、大橋が決勝の3点本塁打を放った。山田は10三振を奪い、2失点完投。近江は新型コロナウイルス禍で辞退した京都国際に代わり、繰り上がりで出場。代替出場校の決勝進出は史上初めて。春に滋賀県勢が決勝に進むのも初。

大阪桐蔭は国学院久我山(東京)に13-4で快勝した。松尾の2点本塁打を含む毎回の19安打を放った。川原は7回5安打2失点。西谷監督は甲子園大会通算60勝目となった。大阪府勢の決勝進出は4年ぶり。

31日の決勝は午後0時半プレーボールの予定。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン