/

MLB、投球の機械判定を24年導入 コミッショナーが方針

【トロント=共同】米大リーグ機構(MLB)のマンフレッド・コミッショナーが、2024年から投球の機械判定を導入する方向だと明らかにした。スポーツ専門局ESPNが29日、報じた。ストライク、ボールの判定を機械で行い、音声を受信した球審がコールする仕組みなどが検討されている。

機械による投球判定は、これまでマイナーリーグなどでテスト運用が行われており、1試合の平均時間が9分短縮されているという。同コミッショナーは「われわれの機械判定システムはうまく機能している」と自信を示した。

スポーツトップ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン