/

中日・山井が現役引退 プロ20年目、現役最年長投手

中日は30日、現役球界最年長投手の山井大介投手(43)が、今季限りで現役を引退すると発表した。プロ20年目の今季ここまで1軍登板はなかった。

兵庫・神戸弘陵高から奈良産大、河合楽器を経て2002年にドラフト6巡目で中日入団。07年の日本シリーズ第5戦では八回まで一人の走者も許さない投球を見せたが、完全試合を目前にした九回に降板。当時の落合博満監督の采配に賛否の声が上がった。

13年には無安打無得点試合を達成し、14年には13勝で最多勝に輝いた。通算成績は335試合で62勝70敗20セーブ、防御率3.75。

球団を通じて「自分に携わってくれた全ての人に感謝している。たくさんの声援のおかげで、マウンド上では自分の持っている以上の力が出せた」とコメントした。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン