/

喜田が個人総合8位 世界新体操、D・アベリナ4連覇

新体操の世界選手権第4日は30日、北九州市の西日本総合展示場で個人総合決勝が行われ、ともに東京五輪代表の喜田純鈴(エンジェルRG・カガワ日中)はリボンで手具の落下があったものの4種目合計96.450点で8位に入り、大岩千未来(イオン)は93.400点で13位だった。

東京五輪銀メダルのジーナ・アベリナ(RGF=ロシア連盟)が108.400点で4連覇し、個人種目別のフープ、ボール、クラブと国別対抗を合わせて5冠に輝いた。五輪銅メダルのアリーナ・ハルナスコ(ベラルーシ)が105.300点で2位、アリーナ・アベリナ(RGF)が3位となった。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン