/

全日本実業団駅伝、富士通は4区に中村匠

来年元日の全日本実業団対抗駅伝(群馬県庁前発着=7区間、100キロ)に出場するチームの区間エントリーが30日に発表され、2連覇を目指す富士通は最長区間の4区に東京五輪男子マラソン代表の中村匠吾、5区にマラソン日本記録保持者の鈴木健吾を配した。

前回4区で首位を奪って優勝に貢献した中村匠はオンラインの記者会見で「どんなポジションでたすきをもらっても先頭に立てるように走りたい」と意気込んだ。

前回3位の旭化成で3区に入った五輪1万メートル代表の相沢晃は「"全員駅伝"で王座奪還を目指して頑張りたい」と語った。ホンダは同代表の伊藤達彦が4区を走る。

2年連続2位のトヨタ自動車で5区の東京五輪マラソン代表、服部勇馬は「一つでも上の順位に上がれるように頑張っていきたい」と述べた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン