/

この記事は会員限定です

少女よ大志を抱け 「理系は男性」の偏見さよなら 

思い上がれない女性たち(2)

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

「少年よ大志を抱け(Boys, be ambitious)」は1876年に札幌農学校の初代教頭に就いたクラーク博士の名言だ。それから月日は流れたが、果たして現代の「少女」はどうか。自分の信じる道を大手を振って歩めているだろうか。

「母親から、そんな男の子ばかりの進路はやめなさいと言われるんです」。一般社団法人「Waffle」には、女子中高生からこうした相談が舞い込む。2019年設立のWaffleは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1751文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

思い上がれない女性たち

目の前の仕事に打ち込み、能力を身につければ道は開かれる――はずだった。活躍推進が叫ばれるなか、意欲的に働いてきた女性たちに「自信」という壁が立ちはだかっている。男性に比べ自分の能力を低く見積もりがちで、挑戦や昇進に臆病になる。女性たちが自分自身の力を認め、上を向いて進むために必要なこととは。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン