/

マンU暫定監督にラングニック氏 来季以降フロント入り

【ロンドン=共同】サッカーのイングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドは29日、今季終了までの暫定監督にラルフ・ラングニック氏(63)が就任すると発表した。来季以降は2年契約でフロント入りする。

同氏は母国のドイツでシャルケなどの監督を務め、ライプチヒやザルツブルク(オーストリア)のスポーツディレクターとしてチームの急成長を支えた。労働許可証が下りるまではカリック・コーチが代行で指揮し続ける。

マンチェスターUは21日にスールシャール監督を解任し、今季終了までの暫定監督を探していた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン