/

全勝Vの照ノ富士を称賛 横審「横綱らしい相撲」

日本相撲協会の諮問機関、横綱審議委員会(横審)は29日、東京・両国国技館で定例会合を開き、初の番付上の一人横綱として臨んだ大相撲九州場所で全勝優勝した照ノ富士を称賛した。矢野弘典委員長(産業雇用安定センター会長)は「本当に素晴らしい結果。横綱らしい相撲を堂々と展開した」と褒めた。

照ノ富士の言動や飾らない人柄などを評価する声も上がり「品格の面も含めて相撲界のリーダーになっていってほしい」と期待を寄せた。一方で「追い掛ける方がもうひとつだったという印象」と周囲の力士の物足りなさも指摘した。

また、新型コロナウイルス禍で禁止となっている出稽古の早期再開を、横審から相撲協会側に要望として伝えたことも明らかにした。協会の八角理事長(元横綱北勝海)からは「再開したいという思いはあるが、(感染症の)専門家の意見を聞いて判断したい」との回答があったという。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン