/

斉藤立、全日本柔道V 親子2代で制覇

(更新)

体重無差別で争う柔道の全日本選手権は29日、東京・日本武道館で世界選手権(10月・タシケント)男子100キロ超級代表最終選考会を兼ねて行われ、20歳の斉藤立(国士舘大)が決勝で影浦心(日本中央競馬会)に延長の末に競り勝ち、初優勝した。世界選手権代表にも初選出された。

父で1984年ロサンゼルス、88年ソウル両五輪の95キロ超級で2連覇した故仁氏も88年の全日本を制しており、史上初めて親子2代での制覇となった。20歳1カ月の優勝は史上3番目の若さ。

斉藤は準決勝で東京五輪100キロ超級代表の原沢久喜(長府工産)を破り、決勝は14分過ぎに足車で技ありを奪って、優勢勝ちした。

影浦は初優勝を逃した。小川雄勢(パーク24)と原沢が3位。2連覇を狙った太田彪雅(旭化成)は準々決勝で敗れた。

他の東京五輪代表勢は73キロ級2連覇の大野将平(旭化成)、60キロ級金メダルの高藤直寿(パーク24)が初戦敗退。90キロ級の向翔一郎(ALSOK)は3回戦で敗れた。

新型コロナウイルス禍で無観客開催の東京・講道館から3年ぶりに日本武道館へ会場が戻り、観客を入れて開催された。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン