/

松坂さん・斎藤さん、学生野球の資格回復へ 研修会受講

プロ野球で今季現役を引退した元西武の松坂大輔さん(41)と元日本ハムの斎藤佑樹さん(33)が、プロ経験者が学生野球指導者になる資格を得るための研修会を受講したことが29日、球界関係者への取材で分かった。受講を終えて日本学生野球協会から承認されれば、国内の高校、大学での指導が可能となる。

松坂さんは神奈川・横浜高時代の1998年にエースとして甲子園大会で春夏連覇を達成。「平成の怪物」の異名を取った。斎藤さんは東京・早実高3年だった2006年に夏の甲子園大会決勝で、引き分け再試合の末に北海道・駒大苫小牧高の田中将大投手(現楽天)との投げ合いを制し優勝。東京六大学リーグの早大では通算31勝をマークした。

日本学生野球憲章はプロ野球経験者の関与を原則的に禁じており、学生を指導するためにはプロ球団の退団と資格回復の手続きが必要となる。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン