/

平野美宇、コロナ陽性で準決勝棄権 全日本卓球ダブルス

(更新)

東京体育館で開かれている卓球の全日本選手権の大会事務局は29日、女子ダブルス準決勝に出場予定だった東京五輪代表の平野美宇(日本生命)が新型コロナウイルスの抗原検査で陽性となり、棄権すると発表した。

事務局によると平野は28日夜から37.5度を超える発熱があり、29日になっても熱が下がらなかったため自主的に検査した。平野はシングルスでは6回戦で敗退し、東京五輪代表の石川佳純(全農)とペアを組む女子ダブルスだけ勝ち残っていた。

男子の大島祐哉も新型コロナウイルスのPCR検査で陽性となり、田添健汰(ともに木下グループ)と組むダブルス準決勝を棄権した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン